ネットワークビジネスの成功大作戦
ネットワークビジネスの成功のノウハウを提供します
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネットワークビジネスにて、日本企業よりも外資系企業が多いのはなぜ?

【クリック!→】

   T-SQUAREのアルバム NEW-Sです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


ネットワークビジネスの流通方式は、いわゆるMLMMulti-Level Marketing マルチレベル・マーケティング)で、アメリカで生まれた流通方式です。


現在、日本のネットワークビジネス人口は、世界でもっとも多いと言われています。外資系企業が多く、売り上げも大半が外資系企業が占めています。



売り上げでも、世界の半分が日本のネットワークビジネス関連によるものであり、MLM本国アメリカの2倍です。



MLM本国のアメリカでも、10年つづく企業は、ほんの一握りであり、1000社に1社しか残っていないようです。


そんな中、日本においてのネットワークビジネス企業には、日本企業と外資系企業がありますが、圧倒的に


日本人のニーズがわかるのは、日本企業では?と思われている方も多いでしょう。


海外には日本に無い、魅力ある製品が多くあり、それが受け留められつつあります。


それだけに、多くの外資系企業が日本に入ってきている現状を考えますと、ネットワークビジネスに対して、正しく理解して、慎重に選択する必要があります。


・法律順守にて経営されているか


・報酬プランが適切か


・製品は、価格が手ごろで、市場性があり、理解しやすく伝えやすいものか


・やたらに集会などが多くないか


などが選択のポイントです。



【クリック!→】あなたはいつまでイナゴ集団のビジネスを続けますか?

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://pinkcloud0907.blog54.fc2.com/tb.php/7-d8f1ae4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。